茶業研究報告 第56号 目次
区分 標題 著者 Page
報文 二番茶芽の生育に及ぼす越冬葉の影響 青木 智・内田浩輔 1
報文 一番茶摘採残葉の多少が夏期の炭水化物の消長および新芽生産に及ぼす影響 山下正隆・田中勝夫・関谷直正 7
報文 一番茶摘採残葉の多少が夏期の樹体内窒素および新芽の成分に及ぼす影響 山下正隆・田中勝夫・関谷直正 16
報文 茶樹の年間生長に伴う内生生理活性物質の変動 長谷川宏司・池田栄美子・是枝正広・関谷直正 24
報文 樹姿を異にした茶樹の品種の仕立法 此本晴夫・木村政美 33
報文 チャ輪斑病の有効な防除薬剤と散布時期 堀川知廣 45
報文 茶浸出液中のアスコルビン酸の安定生の解明 津志田藤二郎・竹尾忠一 57
報文 緑茶貯蔵中の脂質含量の変化 阿南豊正・高柳博次・池ヶ谷賢次郎・中川致之 65
短報 仕立てられた成木茶樹の落葉時期およびその品種間差異 内田浩輔・青木 智 69
文献抄録 抄録・紹介   71
会報 本会記事   76
その他 茶業技術研究発表会講演要旨   77

 ◆茶業研究報告バックナンバーへ戻る。