茶業研究報告 第38号 目次
区分 標題 著者 Page
総説 茶生葉管理技術と普及の現状 竹尾忠一 1
報文 人為低温処理により発現した幼茶樹の主幹裂傷害 中山 仰・原田重夫 11
報文 寒冷地における茶園の最終摘採期の限界 淵之上康元・淵之上弘子・丸山徹三 15
報文 寒冷地茶園における一番茶摘採前の整枝時期とその深さ 淵之上弘子・八木 勇 23
報文 寒冷地における一番茶摘採期の草晩と摘採後の処理が各茶期の収量および品質に及ぼす影響 淵之上弘子・八木 勇 29
報文 積雪地帯における茶樹栽培 小沢啓次 36
報文 傾斜地茶園における動力摘採 鈴木幸隆・木村政美・日高 保・此本晴夫 42
報文 茶樹定植前における暖効性窒素肥料の使用法 吉田徳重・市来征勝・稲永醇二 56
報文 包装資材の防湿性推定式の茶包装への応用 藤津泰彦 72
報文 荒茶の合組および包装作業に関する経済調査 本杉昭二・笹野昭男・増沢武雄 80
文献抄録 抄録   86
会報 本会記事   88

 ◆茶業研究報告バックナンバーへ戻る。