茶業研究報告 第33号 目次
区分 標題 著者 Page
報文 茶樹の育種における重要形質の早期検定(第1報) 紅茶洋品種の収量と新芽の諸形質との相関および径路係数分析 案間 舜・鳥屋尾忠之・家弓実行 1
報文 茶種の発芽に関する研究(第3報) 発芽時の高温で誘発される幼芽の異常肥大 鳥屋尾忠之・家弓実行 7
報文 アッサム雑種における新芽の諸形質間の相関 安間 舜 12
報文 生育調節物質による茶の摘採期間延長に関する研究(第3報) 年間の摘採期間調節計画 杉井四郎・簗瀬好充・田中静夫・吉川 茂 18
報文 薬剤による茶樹の寒干害防止法 杉井四郎・簗瀬好充 24
報文 生育調節物質による茶の発芽抑制が凍霜害の回避に及ぼす効果 杉井四郎・簗瀬好充 32
報文 茶の立枯症状に関する研究(第4報) 愛知県西尾市における茶園土壌のpHの動向および茶の細根の腐敗 高屋茂雄・広川 敢 41
報文 原子吸光分光分析による茶葉および茶園土壌の分析法 石垣幸三・高柳博次 53
報文 貯蔵条件が茶の品質に及ぼす影響 深津修一・原 利男 58
報文 発酵および加熱処理による茶葉クロロフィルの分析 西条了康 66
報文 茶の公定分析法の改良(第3報) タンニン定量法の検討 岩浅 潔・太田勇夫・鳥井秀一 69
報文 茶の公定分析法の改良(第4報) 水分定量法の検討 岩浅 潔・太田勇夫・鳥井秀一 74

 ◆茶業研究報告バックナンバーへ戻る。