茶業研究報告 第30号 目次
区分 標題 著者 Page
報文 生育調整物質による茶の摘採期間延長に関する研究(第2報) 各茶期における延長日数と収量および茶の品質について 杉井四郎・簗瀬好充・田中静夫・吉川 茂 1
報文 茶の立枯症状に関する研究(第2報) 茶園土壌中における糸状菌の季節的消長ならびに検出菌の病原性 広川 敢・高屋茂雄 11
報文 茶の立枯症状に関する研究(第3報) 生育不良茶園における細根の分布と腐敗状況ならびに土壌の物理性 広川 敢・高屋茂雄 18
報文 カンザワハダニの薬剤抵抗性に関する研究(第3報) フェンカプトンならびにエストックス抵抗性カンザワハダニに対する各種殺虫、殺ダニ剤の効果 刑部 勝 26
報文 ゴマフボクトウの生態および防除に関する研究(第3報) 吉野鶴吉 32
報文 茶のフッ素含量に関する研究 岡田文雄・古谷裕三 37
報文 茶園土壌の腐植に関する研究(第4報) 各種腐植酸の赤外線吸収スペクトル 池ヶ谷賢次郎 44
報文 茶園におけるPCP肥料の利用について 渡辺 弘・野村節子 52
資料 全国の主要茶産地における立枯症状発生茶園または生育不良茶園の実態について   68

 ◆茶業研究報告バックナンバーへ戻る。