茶業研究報告 第27号 目次
区分 標題 著者 Page
総説 アンブロシア甲中類の研究展望 ハンノキキクイムシ、シイノコキクイムシを中心として 高木一夫 1
報文 アッサム種利用に関する育種学的研究(第3報) 茶の品質 塘 二郎・渡辺 明・三ツ井 稔・増田清志 11
報文 個体選抜における耐凍性について 塘 二郎・渡辺 明・三ツ井 稔・増田清志 18
報文 茶樹黄化さし木の生理に関する研究(第1報) 黄化処理が穂木ならびにさし木後の葉の諸性質に及ぼす影響 故 讃井 元・酒井慎介・加納照崇・中山 仰 26
報文 フェンカプトンならびにエストックスに対する抵抗性カンザワハダニの発現 刑部 勝 33
報文 静岡市賎機および中藁地区の茶園土壌について 河合惣吾・石垣幸三・池ヶ谷賢次郎・高柳博次 38
報文 茶に存在するフラボン色素(その1) 坂本 裕 60
報文 ツバキの葉から(−)エピカテキンと(+)カテキンの分離 中川致之・坂本 裕 72

 ◆茶業研究報告バックナンバーへ戻る。