茶業研究報告 第107号 目次
区分 標題 著者 Page
総説 カテキン化学の研究史 −特に茶に含まれるカテキン類について− 西條了康・加藤みゆき 1
報文 軽い萎凋により香気と滋味が高くなる茶新品種’ゆめわかば’の育成 内野博司・本多勇介・中島健太・佐々木功二・小林 明・田中江里・久米信夫・酒井 崇・嶋崎 豊・石川 巌・岡野信雄・京極英雄・船越昭治・北田嘉一・淵之上康元・田中萬吉 19
報文 二番茶の摘採とその後のせん枝が秋季の樹冠と翌年一番茶に及ぼす影響 中野敬之 31
報文 釜炒り製並びに蒸し製玉緑茶の分光測色による特徴解析 宮崎秀雄・山口幸蔵・内野敏剛 51
報文 乳酸菌による茶葉中でのγ−アミノ酪酸の生産 渡辺祐子・早川 潔・植野洋志 61
短報 フルオレセイン標識レクチンによるチャ葉組織中のチャ病原糸状菌の蛍光染色 山田憲吾・吉田克志・園田亮一 71
短報 香気エキス希釈分析法を用いた緑茶の萎凋香に関与する成分の同定 水上裕造・山口優一 81
本会記事 日本茶業技術協会会則・規定   85
本会記事 茶業研究報告投稿規定および原稿作成要領   90

 ◆茶業研究報告バックナンバーへ戻る。