茶業研究報告 第106号 目次
区分 標題 著者 Page
報文 チャ樹冠面温度により散水間隔を変える節水型の散水氷結防霜法の検討 田中敏弘・折田高晃・上園 浩・菅野正道・加藤正明 1
報文 風の強弱が高所と地面付近との気温差および防霜フアンの効果に及ぼす影響 荒木琢也・松尾喜義・深山大介・角川 修・荒木慎介 15
報文 感水紙を用いた茶園における農薬散布時のドリフトの評価 角川 修・深山大介・荒木琢也 21
報文 静岡県の茶園におけるクワシロカイガラムシの土着天敵類の発生実態 第2報 天敵類の発生消長と寄主−寄生者間の相互関係 小澤朗人・久保田 栄・金子修治・石上 茂 39
報文 施肥幅の拡大が茶樹の窒素利用効率に及ぼす影響 野中邦彦・廣野祐平・渡部育夫 53
報文 茶園における有機質肥料の施用量増加による窒素溶脱量の短期的変化 三浦伸之・内村浩二・中村孝久・烏山光昭・阿江教治 63
報文 パイプ噴頭を有する茶園用歩行型台車式施肥機の開発と作業特性 深山大介・荒木琢也・角川 修・東 邦道 71
報文 過熱水蒸気や加湿熱風を利用した殺青磯の開発 佐藤昭一・眞正清司・入来浩幸・浅井淳也・菅沼宏文・柴田 努 81
報文 気温の違いが茶新芽の形質及び成分含有率に及ぼす影響 阿南豊正・山口健一・田村保晃・水上祐造・澤井祐典 91
資料 茶業技術研究発表会(2008.11)講演題目   105
会報 会報   111
会報 茶業研究報告投稿規定および原稿作成要領   118

 ◆茶業研究報告バックナンバーへ戻る。